CADは初心者・未経験者でも習得できる! その方法とは?

  • はてなブックマークに追加

「CAD業界に興味があるけれど、自分でも習得できるか不安」そう思っている方々も少なくないのではないでしょうか。ここでは、未経験でもCADを習得することができるのか? また習得できるとどのような働き方ができるのか? などCAD初心者が知りたいポイントをご説明します。

1.初心者でも習得できるCADとは

まずは、初心者や未経験であってもCADを習得することはできるか、またCADとはどういったものかといった基本についてご説明します。

初心者でもCADは習得できる

初心者でもCADを習得することは可能です。CADは、コンピューター上で設計するためのソフトですが、設計士の書いた手書き図面を見やすく正確にデータ化するために用いられることも多いです。そのため、設計士のアシスタントとしてならば、初心者からでもCADオペレーターとして働くことは不可能ではありません。そこから、徐々に設計の知識も身に付けていけば良いのです。実際、CADを使って仕事をするのに特別な資格は必要なく、初心者OKの求人も多数存在します。

そもそもCADとは何か

CADは「Computer Aided Design」の略で、コンピューター上で製図するためのソフトを意味します。CADが普及するまで設計図は手書きでつくられていましたが、その利便性から建築やインテリアなどさまざまな分野でCADが利用されるようになりました

CADで設計されるさまざまなもの

1.建築物
建築業界においてCADは、一般的な家屋から大きなマンション、ショッピングモールなどの大型施設まで多種多様な建築物を基礎から柱、電気設備まで設計するために使われます。建築業界について詳しくは『どんな魅力がある? 建築業界』をご覧ください。


2.インテリア
インテリア業界でCADは、建物の内装を図面に起こすために使われます。インテリア業界のCADオペレータ―は、コーディネーターやデザイナーなどデザインや内装の総合プロデュースに関わるキャリアを積むことができます。インテリア業界について詳しくは『インテリア業界でCADを使う働き方とは?』をご覧ください。


3.機械・自動車
機械・自動車業界では、高機能なCADを用いて詳細な設計がされる傾向にあります。高いスキルを身に付けて設計士として大成したい方には特に向いているでしょう。また、CADデータとして試作品をつくり、外見や内部構成を検討する解析(シミュレーション)も機械・自動車業界のCADの大きな役割です。自動車業界で利用されるCADについて詳しくは『自動車業界のCADについて 抑えておきたい3つの知識』をご覧ください。


4.その他
ほかにも福祉や、アパレル、ジュエリーなど、CADを利用する業界は多く存在します。


2.CADを習得することで広がる働き方

CADオペレータ―は、正社員だけでなく、勤務時間がしっかり決まった派遣社員などさまざまな働き方が可能な職種です。そのため、限られた時間でしか働くことができない主婦や、在宅で仕事をしたい方など、色々な方が働きやすい職種です。

CADオペレーターは働き方を選びやすい

CADオペレーターの仕事は職場を選ばないため、雇用形態など働き方はさまざまです。ここでは、正社員、契約社員、派遣社員の3つの働き方をその1日のスケジュール例とあわせて具体的にご紹介します。

正社員

企業に直接雇用される働き方です。経験を積み、業界についての知識が増えれば、設計に近い仕事をさせてもらえるなどキャリアアップのチャンスが大きいのが正社員の特徴です。ただし、CADオペレーターは、繁閑の差が比較的大きい職種なので、閑散期には、事務仕事などオペレーター以外の仕事を任される場合もあります。そういった仕事が苦手な方は、面接時に繁閑の時期やオペレーター以外の仕事の有無などを、確認しておくと良いでしょう。


働き方モデル

住宅メーカーのCADオペレーター
年収例:300万円(初年度・フルタイム)

一日のスケジュール例

9:00 出社
10:00 製図作業
12:00 昼休憩
14:00 設計担当者と打ち合わせ、現場調査
16:00 製図確認、修正
18:00 事務作業(給与計算)
19:00 退社

契約社員

就業先と期間限定の雇用契約を結ぶ働き方です。仕事内容は、基本的にCADを使った仕事に限定され、事務作業などほかの働きを求められることはありません。また、雇用契約に勤務地が明記されていれば、転勤などの心配もありません。ただし、賞与や福利厚生の面で正社員よりも不利な場合はあります。

働き方モデル

機械・自動車部品メーカーのCADオペレーター
年収例:300万円(初年度・残業手当含む)

一日のスケジュール例

9:00 出社
10:00 製図作業
12:00 昼休憩
14:00 製図確認、修正
16:00 製図作業
18:00 退社

派遣社員

派遣社員は派遣会社に雇用され、CADを使った仕事をする職場へ派遣されます。企業は繁忙期のみCADオペレーターを雇いたいため、期間限定の雇用である派遣社員は初心者でも応募しやすい求人が多く見られます。CAD派遣は他職種と比べて高時給の求人が多く、多めの収入を見積もれるのも魅力の1つです。

働き方モデル

インテリアメーカーのCADオペレーター
時給例:実務未経験 1,500円

一日のスケジュール例

10:00 出社、製図作業
12:00 昼休憩
13:00 設計担当者と打ち合わせ
14:00 製図作業
17:00 退社

CAD派遣の働き方についてより詳しくは『CAD派遣のメリットとは?』をご覧ください。

3.未経験、独学でも習得できるCADの勉強法

CADは独学でもやり方次第で習得することができます。CADを習得するために役立つ勉強方法やおすすめのフリーCADソフトをご紹介します。

CADを習得するために準備するもの

CADの勉強には、以下のものが必要です。製図は基本的に紙に出力するため、パソコンやCADソフトだけでなく、プリンターもあった方が良いでしょう。

  1. パソコン(マウスは必須)
  2. CADソフト
  3. プリンター
  4. 勉強用テキスト(操作方法を解説するwebサイトもある)

まずは無料で始められるフリーソフトがおすすめ

用途によって使われるCADソフトの種類は異なります。習得するソフトをまだ決めていない場合は、無料で使用することができるフリーソフトで勉強を始めましょう。 フリーソフトで代表的なものは、「Jw_cad」です。建築やインテリア業界でも使われているソフトで、感覚的に操作できることから初心者にも適しています。CADのフリーソフトについてより詳しくは「【決定版!】無料で使える高機能2次元・3次元CADソフトまとめ」をご覧ください。

業界ごとのCADソフトは?

「建築」「インテリア」「機械・自動車」「ジュエリー」「アパレル」業界で使用される代表的なCADソフトを以下の表にまとめました。志望する業界で使われているソフトの確認にご活用ください。

  • ソフト名
  • 使われる業界
  • 概算費用
  • 特徴
Jw_cad
建築
無料
感覚的な操作が可能な2次元汎用ソフト。利用者が多く、初心者におすすめ。
Vectorworks
インテリア
50万円程度
インテリアデザイナーなどが多く利用している。プロ向けのソフトの中でも直感的な操作性が特徴。
CATIA
機械・自動車
220万円程度(+年間ライセンス料)
機能性が非常に高いハイエンド(最上位)ソフト。値段の高さに比例して、非常に機能性や操作性が優れている。
Rhinoceros
ジュエリー
15万円程度
滑らかな曲線を描くことを得意とし、表現力豊かに製図することができる3次元汎用ソフト。
洋裁CAD
アパレル
無料
洋裁専用に開発された2次元専用ソフト。一度製図した型紙を、簡単にサイズ変更できる。

CADを習得するための勉強法

CADの習得法は、実際にソフトを使って製図をすることに尽きます。テキストやWEBサイトを参考に製図を繰り返せば、独学でも習得することは可能です。

1.市販のテキストを使う

CADの各ソフトごとに、市販のテキストが販売されています。テキストは、基本の操作方法と演習問題があるものを選びましょう。文字だけでなくイラストなどで視覚的に操作方法が分かるものを選ぶと、初心者には理解しやすいはずです。演習や解説をまとめたDVDが付録になったものを選んでも良いでしょう。テキストの価格は、3,000~5,000円程度が相場です。演習問題のみであれば1,000円台でも販売されているので、あわせて活用すると手軽に理解が深まります。

2.フリーのWEBサイトや動画を使う

ユーザーが多いCADソフトは、操作方法の解説がWEB上にアップされていることが多いです。解説の内容は基本的な操作方法から実践的な応用方法まで充実しているので、積極的に活用してみてください。「ソフト名 + 使い方」で動画サイトを検索すれば、簡単に探すことができます。

3.専門のスクールに通う

独学では難しいと感じた場合は、パソコン教室や資格専門学校などのスクールで学ぶのも1つの手です。講師から直接指導を受けたり、質問ができるのは、やはり独学よりも初心者に優しい環境です。スクールや講座の内容によって料金は異なりますが、授業料の相場は30〜50万円程度と手ごろな金額ではありません。受講する前にはきちんと最後まで受講できるのか一度しっかりと検討してみましょう。スクールで学べる内容については「CADスクールや専門学校のCAD学科で学べることとは?」に詳しくまとめられています。

4.まずはCADを始めてみよう

CADは、初心者でも習得することができます。もちろん簡単ではありませんが、仕事や勉強に取り組むことで徐々に作業が早くなり、ミスも減っていくことが実感できるでしょう。まずはこの記事の内容を参考に、CADをどのように習得し、どのような働き方を選ぶのかを考えてみてください。