必見! これがCADオペレーターの仕事の本音

  • はてなブックマークに追加

CADオペレーターという仕事

ここでは、CADオペレーターの仕事の本音や給与に関する情報など、誰もが気になる話題をピックアップしてご紹介します。CADオペレーターとして就職や転職をするために、仕事のメリット・デメリットなどを把握しておきましょう。

CADオペレーターのやりがい・魅力とは?

CADオペレーターは、CADソフトを駆使して図面を描くことが主な業務です。
建築業界や機械、アパレルなど幅広い業界で、未経験者でも挑戦できるというメリットがあります。
仕事では精密に図面化する正確さと、納期に合わせて業務を遂行するスピードが求められます。そのため、納期直前や繁忙期などは残業が避けられない場合もしばしばあります。

一方で、描いた図面が建築物や製品など成果物として仕上がるため、「ものづくり」の喜びを感じられる仕事です。設計者や職人と一緒に物を作り上げる仕事ですから、もちろん苦労も伴います。しかし、出来上がったときの達成感は大きく、そこにやりがいを感じる人も多いでしょう。クリエイティブな仕事をしたいと考える人には、おすすめの職業といえます。

詳細は「CADオペレーターの魅力とやりがい」をご覧ください。

CADオペレーターの将来性は?

CADオペレーターの仕事は、CADソフトを活用して正確な図面を描くことです。その図面は、建築・機械を始めとしたさまざまな場面で、製品を作る基礎となります。従って、ものづくりがある限りCADオペレーターの仕事が絶えることはないでしょう。

 

CADオペレーターの就職先は、建築や機械分野のほか、電子部品や服飾デザインなどの業界がメインです。具体的には、建設会社や設計事務所、土木関係のほか、機械のメーカーやデザイン関連の事務所などが挙げられます。
IT化が進展している現在、幅広い業界で3次元CADの需要が高まっています。それに伴い、これからは3次元CADを扱えるスキルの高いオペレーターが求められると予測されます。

CADオペレーターの年収・月収は?

CADオペレーターの給与は、個人のスキルや経験によって大きく異なります。
平均月収は19~20万円前後で、平均年収は300~400万円程度になることが多いようです。
しかし、個人のスキルレベルによっては年収500万円以上も不可能ではありません。実務経験が重要視される職業のため、ベテランであればあるほど給与は高くなる傾向があります。

 

CADオペレーターの場合、派遣社員や在宅ワークとして働く人も少なくありません。
派遣社員の給与形態は時給制がほとんどで、相場は時給1,500~1,800円ほどです。
在宅ワークの場合は出来高制になり、月給で10万円程度という場合もあります。
もちろん、実力があれば派遣社員でも正社員並みかそれ以上の給与を得ることも可能です。何らかの資格を持っている場合は、企業によって資格手当が支給されることもあります。

CADオペレーターのメリット

現在は各業界で3次元CADの導入が進んでおり、建築や機械分野のほか、電気部品、服飾デザインの方面でもCADオペレーターの需要があります。さまざまな業界へ就業できるチャンスがある仕事です。さらに、各々の業界で経験を積み、スキルアップや知識の獲得を図れる点も魅力です。
また、スキルさえあれば年齢に関係なく仕事が得られる点もメリットです。スキルが給与に直結する仕事であるため、実務経験があるに越したことはないでしょう。

 

企業によって与えられる裁量は異なりますが、基本的に納期さえ守れば、他人に影響されることは少なく、自分のペースで黙々と作業を進められる点もメリットです。

CADオペレーターのデメリット

CADオペレーターは納期に合わせて仕事を進めるため、残業が比較的多い傾向にあります。クライアントや担当者の要望、設計者の指示内容に左右される部分もあり、図面の変更修正が多ければ残業も増えます。
しかし、こうしたデメリットはクリエイターである限り避けられない課題であることも事実です。

また、CADオペレーターの場合、一日中座ってパソコンと向かい合う仕事であるため、目や肩、腰への負担は重くなりがちです。「視力低下に気を付ける」「運動不足の解消を図る」など、健康管理に気を付ける必要があります。