女性はCADオペレーターに向いている?そのワケとは?

  • はてなブックマークに追加

CADオペレーターには女性が多い?

専門的なスキルと知識が必要となるCADオペレーター。
ものづくりの業界で活躍するため男性ばかりの職種と思われがちですが、実は女性のCADオペレーターもたくさん活躍しています。

女性が多いといわれる理由とは?

建設、機械や電子・電気など、どちらかというと男性が多いものづくりの現場。なぜそこで女性のCADオペレーターが多く活躍できるのでしょうか?
女性が多いということは、女性が働きやすいということ。「実はCADオペレーターは女性の方が向いている」。そんな評価も、ものづくりの現場にはあるようです。

CADオペレーターは女性の方が向いている?

女性が向いている理由の1つは、CADオペレーターの業務に求められる性質にあるようです。また、しっかりとしたスキルや知識を身に付けられることと、女性ならではのライフステージにも関係があると言われています。

女性に向いているポイント6つ!

CADオペレーターが女性に向いている理由を、業務の性質や求められるスキルなどのポイントを挙げながら探っていきましょう。

ライフステージに合わせて柔軟に働き方が選べる

結婚や出産、育児や介護など、男性に比べてライフステージの変化が仕事に影響しやすいといわれる女性。しかしCADオペレーターならば身に付けたスキルを生かし、在宅勤務やパートなど柔軟な働き方を選ぶことができます。 生活が変化しやすい女性だからこそ、体力や拘束時間などの条件ではなく、専門的なスキルや経験が優遇されるCADオペレーターの仕事が向いているのです。

子育て中でも再就職や復帰がしやすい

CADオペレーターはとても専門的な仕事です。しかしその分スキルや知識が身に付いていれば、出産などで空白期間があったとしても、再就職や復帰がしやすいという特長があります。

一定の経験を認められれば在宅のまま働ける

派遣や正社員に比べると数は少ないですが、在宅での勤務ができる場合もあります。打ち合わせの時のみ出社し、作業は自宅のパソコンで進めるという流れが多いでしょう。
ただし在宅のCADオペレーターの場合、周囲にフォローできる人がいないため、経験者のみの募集がほとんどになります。

気配り力が評価される

CADオペレーターの仕事は図面を描くだけではありません。多くの場合、製品や建物の仕様書の作成など、事務的な業務も兼任しています。同時に複数の仕事を進めることも多いため、一般的に男性よりも気配り力がある女性の方がCADオペレーターには向いているという声があります。
また事務的な作業も兼任することから、一般事務の経験者が優遇される場合もあります。一般事務として働いていた女性のキャリアアップとしても、向いている仕事と言えるでしょう。

相手の意図を汲む力が役立つ

図面に描かれるのは部品や製品の形状だけではありません。ほかの部品との関係や、図面をもとにつくる際の品質管理のために必要な情報など、設計者やデザイナーがその部分に対してどう考えているのかが示されています。 そのため、図面を描くCADオペレーターには、より正確に設計者やデザイナーの意図を汲み取り、それを忠実に図面として描く能力が求められます。一般的に男性よりも共感力が高く、相手の意図を汲む能力に長けた女性だからこそ、CADオペレーターの仕事に向いているようです。

派遣の場合は、時短勤務で家事や育児と両立しやすい

CADオペレーターの就職先として人気がある派遣会社の中には、時短勤務で契約できる会社が多数存在します。そのため、時短勤務で家事や育児などと両立させながら働く女性CADオペレーターが多いです。

女性はCADオペレーターに向いている

女性が多い、女性に向いているといわれるCADオペレーター。そこには、気配りや事務業務が付随するという業務の性質や、しっかりとしたスキルを身に付けることでライフステージの変化に対応しやすいといった特徴が理由としてあったようです。