CADオペレーターとは?仕事の内容や向いている人とは

  • はてなブックマークに追加

CADオペレーターの仕事内容は?

CADオペレーターとは、文字通りCADのオペレーター。CADの操作を専門的に行う仕事です。設計者やデザイナーが考えた形をCADに入力し、図面や3Dのデータとしてコンピューター上で利用できる形にします。また、設計やデザインに変更があったとき、その変更に沿ってデータを修正します。

CADはものづくりを行う業界で幅広く使われているため、CADオペレーターの活躍の場も多岐に渡っています。具体的には建設(建築・土木)、機械、自動車や飛行機などの輸送機器、電子部品、家具や服飾品など。
オペレーターとしてCADの操作に精通するだけでなく、図面などで形を表現するためのルールを知る必要があります。

CADを扱うさまざまな業界やソフトについて詳しくは『CADを扱う業界と利用されるCAD』をご覧ください。

CADオペレーターと設計者との違い

設計者にもCADの技術が要求されることがありますが、CADオペレーターと設計者の間には業務の内容に差があります。設計者に求められるのは形状などを決定するための「設計の能力」です。
一方、CADオペレーターに求められるのは、設計者が考えた形を図面やデータとして「表現する技術」です。
設計者が形を考え、CADオペレーターが形を目に見える図面やデータにするという関係は、脚本家と俳優に例えられるかもしれません。

CADオペレーターの仕事の流れ

実際にCADオペレーターになると、どのように仕事をしていくのでしょうか? 具体的な流れの一例を見ていきましょう。

仕事の依頼からチェックまで

設計者から「この部品を10mm移動させることになったので図面を修正してほしい」というように依頼が入ります。CADを操作し、すでにある図面のその部品に関わる場所を設計者の指示の通りに修正します。
変更する場所は1カ所でも、右側から見た図、上から見た図というように複数の図面がある場合もありますので、図面のルールに従いすべて修正します。修正が終わったら設計者に図面を渡し、チェックを受けます。

生かせる経験やスキルは?

必須の資格はありませんので未経験からでもCADオペレーターになることは可能です。
しかし、CAD操作の専門家として次のような経験やスキル、知識があると即戦力として活躍しやすいでしょう。

スキル・経験

・2次元CAD、3次元CADの使用経験
・Word、Excel、PowerPointなどの基本操作
実際にCADを使用した経験があると業務に入りやすいでしょう。会社や業界によって使うソフトが違うことも多いですが、経験があればほかのソフトに慣れるのも早くなるはずです。
また、設計者やクライアントからの指示や説明を書類やデータから通じて受けるだけでなく、オペレーター自身が書類を作成する場合もあるため、PCの基本ソフトを扱えると良いでしょう。

資格

・CAD利用者試験(2次元、3次元)
・建築CAD検定
CADに関わる資格はオペレーターとしてのスキルの証明になるでしょう。

知識

・設計、製図
ただ指示の通りにCADを操作するのではなく、設計や製図に関する知識があるとスキルアップにつながりやすいでしょう。

CADオペレーターに向いているのはどんな人?

専門的な知識も必要になるCADオペレーター。どんな人がこの仕事に向いているのでしょうか。

正確性・几帳面さ

CADで制作する図面は、設計者と製作者など製品に関わる人すべてに共有されるものです。図面に間違いがあると、設計者の考えた形が正確に伝わらず、不良品の原因などにつながります。仕事を正確にこなせること、几帳面にチェックを行えることが必要になります。

スピード感

CADオペレーターは業務の性質上、設計者のアシスタントとして位置づけられることがほとんどです。設計者の依頼に素早く対応することで、オペレーターとしての信頼感も高まるでしょう。

集中力・忍耐力

CADの操作は地道な作業の繰り返しです。パソコンの画面に向かいコツコツと作業を続けることができる集中力や忍耐力が必要になるでしょう。

ものづくりに対する興味

設計や製図に関する知識があれば言うまでもありませんが、ただCADを操作して図面を描くよりは、その図面が「いったい何の図面なのか」「何に使われるものか」などに興味を持つことがスキルアップにつながります。
自分がCADで描いたものが実際に生産され、世の中で使われているのを見ることは、大きなやりがいにもなります。

まとめ

CADオペレーターの仕事内容から求められる素養まで説明しました。
自分の性格や長所がCADオペレーターに向いていると思った方やCADについて詳しく知りたいという方は、ぜひ『CADとは?』や『CAD派遣のメリット』なども合わせてご覧ください。
また、本格的にCADオペレーターを目指したいという方には、『未経験からCADオペレーターを目指すには?』、『CADの仕事の探し方』なども役立ちます。