CAD派遣のメリットとは?

  • はてなブックマークに追加

そもそも、派遣とは?

「派遣」とは、人材派遣会社と雇用契約を結び、そこから紹介された企業で勤務する働き方のことです。そのため、給与の支払いや社会保険の適用は人材派遣会社から受けます。派遣以外の契約社員は、雇用先と直接雇用契約を結ぶため、給与や福利厚生などは雇用先から提供されます。
契約社員と正社員の違いは雇用契約の違いと言えますが、具体的には雇用期間が定まっているかどうか、退職金やボーナスの待遇面に違いがあるかどうかなどが挙げられます。

派遣で働くメリットとは?

最初に、CAD派遣のメリットにも共通する、一般的な派遣のメリットを紹介します。

派遣のメリット

派遣で働くメリットとしては、大きく以下の3つが挙げられます。

人材派遣会社の
フォロー・サービスが受けられる

派遣先での仕事内容や給料の交渉は人材派遣会社が行ってくれるため、自分で交渉する必要がありません。また、派遣先でトラブルがあったときは、人材派遣会社の担当者に相談できます。さらに、多くの人材派遣会社は、スキルアップを目指す人に向けて、ビジネスマナーや専門技術の基礎などを身に付けられるセミナーを開催しています。派遣会社の社員ならば、その多くを無料で受講することができます。

働き方を自分で決めることができる

派遣社員は、希望の勤務地や職種・労働時間を明確に定めて最初の雇用契約を結びます。定めた契約は破ることが許されないため、転勤や部署変更・時間外労働を命じられることはありません。そのため、プライベートの時間を確保しやすく、子育てをしている方や資格・試験の勉強で忙しい方でも働きやすいです。

スキルや経験を活かしやすい

自分が生かしたいスキルや経験を伝えれば、人材派遣会社はそれにマッチする仕事を探してきてくれます。受け入れ先の企業は即戦力を求めているため、アピールしたスキルや経験を生かせる仕事に就くことが期待できます。また、人材派遣会社に求人を依頼する企業の中には、正社員としては採用されにくい大企業や採用枠の狭い業界もあります。派遣社員としてなら、そういった企業で働く機会に恵まれます。

CAD派遣ならさらにメリットが

CAD派遣には、一般的な派遣社員のメリットに加えて、次のような利点があります。

時給が高い

一般的に、派遣社員の給与は時給で支払われます。その金額は業界や職種によってさまざまですが、多くの場合、専門的な技能を必要とする職種ほど時給は高く設定されています。CADを操作する「CADオペレーター」も専門的なスキルを必要とするため時給がほかの職種より高いことがほとんどです。

長く働くことができる

熟練した技術が求められるCADオペレーターは、経験を積めば積むほど現場から重宝されます。技術のみで評価されるため、年齢がネックになることもあまり多くありません。基本的にCADのみに携わるため、技術を磨くのにもぴったりです。経験と技術が十分に身に付けられれば、独立も夢ではありません。

憧れの職場でスキルアップ

正社員として採用されるのが難しいような企業や設計事務所であっても、一定のスキルが認められれば派遣社員として働くチャンスが生まれます。その環境でしか得られない仕事、経験を通じてスキルアップができれば、さらなるキャリアアップの実現や、そのまま憧れの場所で正社員として働くチャンスが生まれます。

CAD派遣はWワークで活きる

CADオペレーターは専門的なスキルが求められるため、各企業も人材確保に苦労しています。そのため、募集の際の労働条件を柔軟に設定し、Wワークや副業を認めている場合が少なくありません。勤務地や働く時間が選べて、別の仕事もしながら効率よく稼げるCAD派遣のメリットは他の業種の派遣にはない優位性があると言えます。