エクステリアCADオペレーターの仕事とは? おすすめソフトも解説

  • はてなブックマークに追加

CADオペレーターの中でも、庭や車庫、門など外構の図面を専門に作成する仕事を「エクステリアCADオペレーター」と呼びます。CADや建築の知識を身に付ければ、未経験からも挑戦できる仕事です。自分の描いた図面が庭や車庫などの形になって現れるため、おおきなやりがいを感じられます。 この記事ではエクステリアCADオペレーターの仕事内容やなり方、使用ソフトなどをご紹介します。

1.「建物の外回り」を描くエクステリアCADの仕事

エクステリアCADオペレーターはCADオペレーターと同じく図面の作成・修正が主な仕事です。ただし、その図面の対象が庭や門扉、塀など建物の周りにある構造物(外構)であるという点で一般のCADオペレーターとは異なります。業務ではエクステリア専用のCADソフトを利用することが多く、建築関係の知識やCADのスキルが求められます。

エクステリアCADオペレーターの仕事

エクステリアCADオペレーターは、主にエクステリアに関するパース作成や図面の作成・修正、各種資料作成などを担います。企業によってはクライアントとの打ち合わせや提案を任される場合もあります。エクステリアCADオペレーターになるために特別な資格は必要ありませんが、CADを扱えることが前提です。
就職先としては、建設会社や外構エクステリア専門の企業などがあります。そのため、住宅・建設業界の経験や知識がある人材は重宝されるでしょう。業務で使用するCADソフトは、RIKCADやO7CADなどのエクステリア専用CADソフトが主。これらは植栽や門扉、塀や車庫など、外構の図面作成に欠かせないパースを扱える点が特徴です。

CADオペレーターはデスクワークがメインかつ自分のペースで仕事を進められます。ただし、クライアントありきの仕事のため、納期直前などは残業が増えがちです。正社員ではなく派遣社員として勤務すれば残業なしの勤務も可能なため、仕事とプライベートとの両立を図りたい方は派遣を検討してみるのも良いでしょう。勤務条件によっては時短勤務や在宅での業務も可能です。

エクステリアとは建物の外構のこと

エクステリアとは「住居の外側」を意味する言葉です。英語で表記すると「exterior」となり、これはインテリア(interior)の対義語に当たります。具体的には、建物の周辺を形づくる門や塀、車庫、さらに庭や花壇、植栽などがエクステリアに該当します。エクステリアCADオペレーターはこれらの図面作成を担当します。
庭や門、車庫などのエクステリアは常に家の外からも見られる場所であるため、家の第一印象を決めるポイントです。新築・リフォーム問わずにエクステリアの見栄えは重要ですから、設計士やクライアントの要望を丁寧にヒアリングし、図面に反映させる能力が求められます。

エクステリアCADオペのキャリアステップ

エクステリアCADオペレーターは、建築に関わるさまざまな職業へのキャリアアップが可能です。ここではその一例として、建築系のCADオペレーターやエクステリアプランナーへのキャリアアップ例を紹介します。

1.建築系のCADオペレーター

エクステリアCADオペレーターから建築系のCADオペレーターにキャリアチェンジするコースです。エクステリアに限らず、一軒家の内装やオフィスビルの図面作成などにも携わることができるため、業界的にも需要があり、CADオペレーターとしても仕事の幅が広がります。エクステリアCADで学んだ知識や経験を生かせる分野といえるでしょう。

2.エクステリアプランナー

エクステリアプランナーとは、植栽や垣根、車庫やアプローチなどの外構周りを設計・提案を行う仕事です。お客様の要望を聞き出すヒアリング能力と、ヒアリング項目を元に最適なプランを作り上げるスキルが求められます。必須資格ではありませんが、エクステリアプランナー1級・2級(民間資格)を取得しておくと就職にも有利です。

このほか、CADオペレーターの技術を磨いて部下の育成などに携わり、管理職を目指すなどのルートもあります。

2.エクステリアCADオペレーターになるには

エクステリアCADオペレーターになるためには、CADと建築双方の知識を身に付けなければなりません。特別な資格は不要ですが、専門学校や通信講座を利用して知識・技術を学ぶことが近道です。

(1)CADの基本を専門学校や通信講座で学ぶ

専門学校や通信講座を活用し、CADの基礎知識を学ぶ方法です。市販のテキストを使用すれば安価に済ませることもできますが、CAD初心者は学習サポートのある専門学校や通信講座で学ぶ方が安心です。また、学校や講座によってはCADオペレーターの仕事を斡旋してくれる場合もあります。

(2)エクステリアの勉強をする

一般に建築系のCADオペレーターは家やビルなどの建築物を扱いますが、エクステリアCADオペレーターは植栽やアプローチ、車庫など外構周りの知識が必要になります。書籍やインターネットを活用し、エクステリアの知識を学びましょう。エクステリア専攻コースを設けている専門学校に通う方法もあります。

3.エクステリアCADソフトのまとめ

エクステリアCADオペレーターは、主にエクステリア専用のCADソフトを使用して図面を作成します。以前は手書きで図面を作成する方法が主流でしたが、パソコンとインターネットの普及によりCADソフトを導入する企業が増加しました。CADの活用は作業の効率化や時間短縮などのメリットがあり、いまや建築業界では主流となっています。ここでは代表的なエクステリアCADソフトを3種類ご紹介します。

RIKCAD

RIKの「RIKCAD」はエクステリア・外構専門のCADソフトです。設計から施工図・提案パースまで対応可能で、図面の変更・修正もスピーディーに行うことができます。

サポートについてはシステムプランとプレミアムサポートの2種類が用意されています。システムプランはバージョンアップ・システムアップなど機能の提供のみですが、プレミアムサポートでは電話問い合わせが可能なヘルプデスクサービスを受けられます。また、最新の部材配信サービスも利用できます。

価格

※要問合せ

機能

エクステリア・外構の基本設計やレンダリング、設計書作成に欠かせない施工図・拾い出し機能を搭載しています。また、植栽部材が豊富なことも特徴で、石積作成、築山作成機能などによる和風庭園の作成が可能です。空間設計機能を活用すれば住居だけでなく商業施設の植栽計画なども作成できます。
既存の現場写真とCADの3Dデータを合成できる写真合成機能も搭載しており、施工後のイメージ図を簡単に提示できます。

<その他機能一覧>
敷地入力、境界・道路入力、駐車スペースデザイン・土間デザイン(勾配)、デザイン門柱、外構の汎用部材、照明設定など

公式サイトURL

products.rikcorp.jp/st_list/rikcad/

O7CAD オーセブン・キャド

オーセブンの「O7CAD(オーセブン・キャド)」はエクステリア・外構・造園専門のCADソフトです。パースを選んで置くだけの簡単な操作で、エクステリアから造園までの工程すべてを処理できます。登録部材・植栽も豊富なため、デザインの複雑なエクステリアや庭園も的確なイメージで表現可能です。
サポート体制も整備されており、CADソフトの利用者は電話サポートや遠隔操作サポート、マンツーマン研修などの支援を受けられます。ポイントを絞って学習できるWebスクールや自己学習に役立つWebマニュアルも用意されているため、個人的なスキルアップが可能です。

価格

※要問合せ

機能

クラウドサービスと連携している点がO7CADの大きな特徴です。例えば業務管理・共有ツール「e-Board One(イーボード・ワン)」はクラウドに物件情報を保存することで、パソコンやタブレット、スマートフォンなどから自由に情報を閲覧できる機能があります。どこからでも物件情報を確認できるため、営業部門との連携もスムーズです。さらにクラウドと連携した積算・見積ツールやホームページサービスも提供されています。

<その他機能一覧>
敷地・基礎、道路、3D作成、高速レンダリング、図面仕上げ、塀デザイナー、階段デザイナー、敷材テクスチャ、床デザイン、ライティング、写真合成、リアル・タイム概算、土量計算など

公式サイトURL

www.o-seven.co.jp/

ExCAD

日軽情報システムの「ExCAD」はレンタル専用のエクステリアCADです。導入時に初期費用が発生し、その後は月額料金を支払ってソフトを使用することになります。平面図から3Dパースまで、エクステリアCADに必要な基本機能を備えています。

サポートは電話サポートと、インターネット経由でパソコン画面を共有できるリモートサポートの2種類のサービスが用意されています。リモートサポートは実際の操作画面を見ながら操作方法を学べるため、CAD初心者でもスムーズに課題を解決できます。

価格

月額レンタル9,800円~(初期費用21万8,000円が別途必要)

機能

門や塀、樹木や植栽に加えて自動車や自転車、オートバイ、遊具など資材メーカーの製品60,000点以上が標準登録されています。また、レンダリングシステムにV-rayを採用しており、写真のように美しく精密なカラーパースを利用できます。建築CADの共通フォーマット「SPEED」に対応しているため、多くの建築CADと同じ規格のデータを使用できる点も特徴です。

<その他機能一覧>
敷地線入力、傾斜高さ自動計算、建築CADとの連携、物差し、補助線、穴あけ、パースからの編集・複製、製品変更、植栽情報、製品検索、かんたん見積(積算)、プレゼンボード作成機能、自動図面レイアウト、ウォークスルー、ゼロタイムレンダリングなど

公式サイトURL

www.best-s.jp/

4.家の印象を決めるエクステリアCADオペレーターの仕事

エクステリアCADオペレーターが手がける外構は、住まいのイメージを決定づける重要なポイントです。クライアントの要望を汲み取り図面に起こす作業には苦労する側面もありますが、その分やりがいのある仕事といえるでしょう。
なお、CADオペレーターには正社員、パート、アルバイトなどさまざまな働き方がありますが、プライベートとの両立を図るなら派遣がおすすめです。自身のキャリアパスやライフプランに合わせて最適な働き方を選んでください。